生理前の足のむくみ

生理前の足のむくみ対策

生理前の足のむくみ対策

女性は生理前になると、足がむくむという人が多いです。

 

生理前になるとなぜ足がむくみやすくなるのでしょうか。その原因を考えてみましょう。

 

原因を知ることで足のむくみの改善につなげることが出来ますよ。ぜひ、女性の皆さんは参考にしてくださいね。

 

生理前には、女性ホルモンの変動によりホルモンバランスが崩れることによって、身体の血行が悪くなります。

 

すると、老廃物や水分は体外にうまく排出されなくなり、足や顔がむくみやすくなります。

 

そのため女性は生理前になると特に顔などがむくみやすくなるので、それを気にする人も多いです。

 

ですから、女性が生理前に足がむくむというのはある意味、自然な現象と言えます。

 

足や顔のむくみを完全に防ぐというのは難しいですが、むくみを和らげるのは可能です。

 

とくに、女性の場合は生理中は、生理痛などによって普段よりもストレスがたまりやすく生理前、生理中には足や顔がむくみやすくなります。

 

むくみを少しでも解消するには、身体の中の代謝をよくすることがまずは大切です。

 

足のむくみの原因としてあげられるのは、血行が悪くなることによって起こることなので、まずは血行を改善する必要があります。

 

血行を改善するためには、様々な方法がありますが簡単に出来る方法としては、入浴があげられます。

 

生理中には、湯船に入るというのは難しいですが、生理前であれば、しっかりと湯船に浸かることで身体の中から温めることで血行がよくなりますよ。

 

シャワーに慣れてしまっている人は、シャワーを浴びて終わりという人もいます。

 

シャワーだけで済ますのは、特に若い世代に多いのですが血行がよくなるようにしっかりと湯船に浸かることをおすすめします。

 

足のむくみを改善するには、マッサージもおすすめです。マッサージは自分ででき、お風呂の中で湯船に浸かりながらマッサージをするのは効果的です。

 

マッサージをすると身体もリラックス出来ますし、足のむくみを改善することも出来ます。

 

生理前に足がむくみたくないという人は、注意するべきことがあります。

 

それは、アルコールです。

 

仕事帰りや、プライベートなどいろいろな付き合いでお酒を飲む機会は多いですが、生理前はアルコールには注意です。

 

なぜ、注意が必要なのかというと体内に水分がたまりやすくなってしまい結果的には足のむくみの原因となってしまいます。

 

お酒の飲み過ぎには注意しましょう。むくみたくない人は特に気をつけましょう。

 

ただし、水分を取りすぎるとむくみやすくなってしまうからといって水分を控えてしまうのは、逆に健康によくありません。

 

水分の取りすぎは、よくありませんが必要な水分は必ず取るようにしましょうね。

 

さきほど書いたように、足のむくみ対策としては身体を温めて血行をよくすることやマッサージをすることでむくみ改善の効果があります。

 

ただし、それをしても必ずしもむくみが改善されるというわけではありません。

 

むくみは、もちろん生理前、生理中に身体のことで困ったことがあれば専門の医療機関で診察を受けるようにしましょう。

 

足のむくみの原因はいろいろありますので、気になる場合にも医療機関に相談してみましょう。

 

女性の方は、医療機関であっても男性の医師に相談するのに抵抗があるという人もいるでしょう。

 

そんなときには、女性医師のいる医療機関で女性の医師に相談するとよいでしょう。

 

医療機関であれば足のむくみ対策なども教えてくれますし、場合によっては薬などを処方してくれますので非常に頼りになりますよ。

 

足のむくみは、一人で悩まないようにしましょう。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ