足のむくみとうっ血

うっ血と足のむくみ

足のむくみとうっ血の関係

足のむくみなどを日ごろ感じる女性は多くいると思いますが、むくみを甘く見ていると大変なことになる恐れがあります。

 

足のむくみで特に危険なのが、うっ血してしまうことです。

 

うっ血して足や手が紫色になってしまうような状態は危険です。

 

そうならないためには、普段からどのようなことに注意をすればよいのでしょうか。

 

まずは、うっ血はなぜ起こるのかということですが簡単に言えば、全身に血液がうまく循環することが出来ずにどこかにとどまってしまうことで起こります。

 

特に、このような症状が出やすいというのが中高年の女性などです。

 

また、仕事などでずっと立ったまま仕事をしている人など長時間同じ姿勢でいる人も足のむくみに注意が必要です。

 

普段から、足のむくみが出るからとそのまま放置してしまうと大きな病気に発展してしまう可能性もあります。

 

特に、足のむくみと心不全などは関連性が強く、むくみが続くようであれば専門の医療機関で診察を受けるのがよいでしょう。

 

うっ血性心不全の症状としてよくみられるのが足のむくみなのです。

 

ですから、ただの足のむくみだから大丈夫などと自分で判断してしまうのは非常に危険です。

 

特に、呼吸が苦しいなどの症状を感じたら非常に危険なのですぐに、医療機関で診察を受けましょう。

 

むくみは様々な原因があり、身体がむくむイコール病気と言うわけではありませんが、病気が原因の為にむくみの症状が出ているという可能性もあります。

 

ですから、不安を感じるなら必ず医療機関に行きましょう。

 

こういったものは、普段の生活習慣が大きく関係していると言われています。

 

その中でも重要なのが食生活です。

 

食生活がいい加減だと、足のむくみ、うっ血などだけでなく様々な病気につながりやすいため特に普段から意識をして気をつけておきましょう。

 

砂糖などの糖分の摂取を、気をつける人はたくさんいますよね。

 

それもとても重要な事なのですが、それ以上に注意が必要なのが塩分です。

 

どうしても、塩分を取りすぎてしまうという人は多いものです。

 

特に塩分の取りすぎは、意識していかないとなかなか治らないので注意が必要です。

 

特にインスタントラーメンなどは、一人暮らしの人にとって重宝する食べ物となっています。

 

しかし、インスタント食品はカロリーは高く、栄養素は全くと言っていいほどありませんので、こういう食事の偏った生活をしてしまうと様々な病気につながってしまいます。

 

そうならないためにも、普段の食生活から栄養が偏らないようにすることがとても重要となります。

 

食生活に気をつける事だけでなく、さらに大切なことは日ごろからの身体のケアとなります。

 

食生活だけ気をつけていれば絶対に大丈夫などということはありません。

 

運動不足になってしまうのもよくないので、可能であれば少しでも身体を動かすようにすると良いでしょう。

 

身体を動かすことで身体の血行もよくなりますので、足のむくみにも効果的です。

 

ジムに通ったり、家や公園のまわりを走るなどでもよいので少しでも身体を動かすようにすると、健康にもとてもよいですし、病気の予防にもなります。

 

自宅で簡単に出来る足のむくみケアとしてはマッサージもとても有効ですよ。

 

マッサージは1人で出来ますし、参考となるものは動画やインターネットサイトなどで足のむくみ解消のマッサージ法を簡単に見つけることが出来ます。

 

普段から食生活や運動、身体のケアとしてマッサージを続けて行けば、大きな病気の予防になりますし健康面でもとてもよいでしょう。

 

さきほどもかいたように、足のむくみが気になる方やずっと長い期間むくみに悩まされているという方は、早めに専門の医療機関で診察を受けるようにしましょう。

 

足のむくみだけではなく、病気は早期発見出来れば早期治療で治すことが可能なこともあります。普段から意識をしていきましょう。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ