サロンパスで足のむくみを改善

足のむくみにサロンパス

サロンパスで足のむくみを改善できる?

サロンパスで足のむくみ改善

足のむくみを湿布やサロンパスを貼る事で解消してしまうという話をご存知ですか?

 

足の裏にサロンパスや湿布を貼るだけで、足のむくみが取れるなんてと思っていた方が、すごく効いたと言っていることがあるのです。

 

もちろん、全ての方が効いたと言ってるわけではありませんが、なぜ効くのか分かりますか?

 

実は足のむくみの原因をサロンパスや湿布薬が解消してしまうからです。

 

原因解消の話の前に、勝手にサロンパスを足に貼っても体に問題ないのだろうかと心配する方もいるでしょう。ご心配は要りません。

 

このサロンパスを足裏に貼る事は、サロンパスを販売している久光製薬さんのHPでも紹介されているので安心です。だから、どんどん貼ってください。

 

それで、なぜ足のむくみにサロンパスや湿布が効くのかという話ですが、足のむくみには色々な原因がありますよね。

 

1番多いのが、血液の戻りやリンパの戻りが悪くて足や手に水が溜まりやすくなってしまう血行不良です。

 

この血行不良をなんとかしてくれるのが、サロンパスにたくさん含まれているサリチル酸メチルなんです。

 

このサリチル酸メチルが、サロンパスの名前の由来なんですよ。

 

このサリチル酸メチルと貼り薬を表すプラスター剤を組み合わせて作った言葉がサロンパスなんです。

 

このサリチル酸メチルですが、どんな体にどんな効果があるかというと、消炎鎮痛の作用があります。

 

消炎鎮痛というのは、熱を持っている部分を冷やす事で、痛みをやわらげるという事なんです。

 

直接的に血行不良を良くしてくれるというよりは、サロンパスを貼って血行の悪い場所を冷やしてあげる事で、その部分を刺激して血行を良くするという事ですね。

 

血行を良くすることは足のむくみに効果があります。冷え性な女性や血行が良くないと体はむくみます。

 

湿布については、同じサリチル酸メチルが入っているものもあればロキソニンのような他の成分のものもあります。

 

値段もサロンパスの方が断然安いですから、足のむくみを取るのを試すのにはサロンパスを使う事をオススメします。

 

足のむくみの原因が血行不良の場合について、最初に説明しましたが足のむくみの原因には足の疲れが原因の場合も多いんですよ。

 

足がむくむような疲れは運動をしたり立ち仕事などでも起こりますが、日常生活での振舞いでも結構起こりますよね。

 

この足が疲れている時は、足の筋肉が疲れのために熱をもっていて緊張している事が多いので、サロンパスや湿布のような消炎鎮痛を持つ貼り薬をそこに貼ってやれば、熱もさまされて足の筋肉の緊張もなくなるので、足のむくみも良くなるという事になります。

 

それでは、実際に足のむくみを取るには、どこにサロンパスや湿布を貼るのがいいんでしょうか?

 

久光製薬さんのHPでは足の土踏まずのところと、その反対側の足の甲の部分に貼るように書かれていますが、足の指の付け根の真ん中辺りに湧泉という足のむくみに良く効くツボがあるので、そこに貼ったほうが足のむくみにはよく効くかもしれません。

 

その他には、これも久光製薬さんのHPにもありますが、ふくらはぎに貼ってあげるのもいいですよ。

 

ふくらはぎにある腓腹筋やヒラメ筋っていう筋肉は、足の甲や足の裏の筋肉と引っ張り合いをしていますので、この辺の筋肉が楽になると他の筋肉も楽になってきますので、効果が出てくるのです。

 

貼る時の注意として、ふくらはぎもそうですが、特に足裏などにサロンパスや湿布を貼ると歩くのに不便だし、靴の中で蒸れたりして臭いですよね。

 

だからサロンパスを貼るのはお風呂やシャワーを浴びた後の寝る前が良いですよ。

 

それと、毎日同じ場所に貼るのではなく、貼る場所を変えてあげたほうが、色々なところが癒されるので、サロンパスや湿布の効き目が良いでしょう。

 

サロンパスや湿布の匂いが気になる方は、朝剥がした後で、軽くシャワーなどで洗い流してあげれば気にならなくなりますよ。

 

サロンパスで足のむくみが改善するとは驚きかもしれませんが、試す価値はあるかもしれません。

 

極度の足のむくみには利尿剤のラシックスを服用することもあります。女性ではラシックス愛用者さんが多いのではないでしょうか。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ